空港からのアクセス

熊のやは、不便な場所にありますが

とはいえ、車じゃなくて、電車でもお越しいただけます。

「電車」と言っても、JRじゃぁ、ないですよ。

超ローカルな鉄道「大井川鐡道」の「福用駅」が最寄り駅です。

大井川鐡道の駅舎の中では珍しく洋風な建物。姉妹都市である スイスのブリエンツ・ロートホルン鉄道のブリエンツ駅がモデルになっています。



そして、なんとびっくりww 空港からも、アクセスできますww

うそみたい・・(笑)

静岡と言えば、富士山国際空港じゃないですか。

その空港、おとなりの市にあるんです。

今年の10月からは、空港から、大井川鉄道に直結する便が出来まして

JRを経由せずに、空港から乗り換え2回ぽっちで、

宿まで来れるようになりましたーーー(田舎宿としては快挙(笑)!)

お天気が良いと、富士山もよく見える空港なのです。

 
 
実際に、使えるのかどうかを、検証してみると・・

 14:45 富士山国際空港発 新金谷駅行きバス 乗車

 15:03 新金谷駅 下車

 15:14 大井川鉄道 千頭行き 乗車

 15:33 福用駅 下車

こんな感じです。所要時間50分!

駅から宿までは、徒歩15分。

事前にご連絡いただければ、車でお迎えに行きますよ^^

私のマイカーで良ければ。。ですが(笑)

福用駅って、こんな感じ。

 
でも、ここに大きな落とし穴が。。

実は、大井川鐡道の列車の本数、1~2時間に一本なんです!!

15:14に乗り遅れると、次は17:07です・・・(笑)

どっひゃーー。

タイムスケジュールをしっかり立ててから、お越しくださいね。

 
 
いつも車を使っていると、電車ってとても不便に感じるものです。

私、先日、車が故障しまして、、電車で宿まで通勤したんですが

タイムスケジュールに失敗し、自宅から3時間もかかった・・( ;∀;)

電車、使えん!!・・と思ったけど、

その超スローな旅は、意外と楽しくて。

古いレトロな列車に乗り、ガタゴト、ガタゴト、と走りながら

車窓からの景色を見てると、いろんなモヤモヤなんてどうでもいいな

そんなふうに、思わされたのでした^^

特にね、大井川が広がる景色は、楽しいですよー。

ガタゴト揺れる車内から、大井川の景色と神尾駅までの様子を・・。

 
 
あ、でも、お急ぎの方は、空港でレンタカーを借りられますし

金谷駅までくれば、格安レンタカーもありますよ。

ご相談くださいね!

ではでは~

お土産4選!

 
今日は、お客様に一度も聞かれたことない話題です。(ニーズがないの?)

はい、でも、言いたいので書いちゃおう!

・・・題して

『大井川流域でおススメのお土産4選』!!

 
誰へのお土産にするかで、おススメしたいものは違うわけですが

今回は、家族へのお土産としてピックアップ。

つまり、こんなイメージ。

「留守番ありがとう、お茶でもしようか」っていうシーンで取り出すお土産。

※静岡旅から帰ってきたので、「緑茶」を買って帰ってることが大前提ですww


緑茶にあう、和菓子を選んでみました。

①甘栄堂の「あおやぎ」 
②ふでやの「子饅頭」 
③昇栄堂の「わさび大福」 
④三浦製菓の「柚子羊羹」
 

① 甘栄堂の「あおやぎ」

川根の老舗、甘栄堂さんが作る和菓子は、甘さ控えめ。

地域でお祝い行事や集まりがあると、人気商品はサーっと売り切れてしまうという。

そんな、売り切れ覚悟の和菓子「あおやぎ」は、あまじょっぱい餡子が魅力的です。

お店は、宿からはちょっと遠いですが、千頭方面へ足をのばす方には、おすすめ。

お店は、静かな集落の一角にあります。

店頭に誰もいないこともあるので、入店したら

「こんにちはー!」と大きな声でお店の方を呼んでください^^



お菓子と同様、素朴で優しい対応が、とても嬉しいお店です。

あおやぎ、の他に、「あかやしお」という花の名前が付いた和菓子もおススメ。



どれも、素材の味がひきたつ、優しいお菓子です。

【住所】 静岡県榛原郡川根本町上長尾797-2

【ホームページ】 なし(※エコティ川根の紹介ページからご覧ください)

② ふでやの「子饅頭」

ふでやさんは、JR金谷駅すぐ近くにあります。

一瞬、通り過ぎてしまう方も多いかもしれません。

地元の人が愛してやまない、昔ながらの駄菓子屋さんのような雰囲気の、お店です。



根強いファンがいる、ふでやさんの「子饅頭」は、三色あって、愛らしい。

手作りでひとつひとつ、丸めて蒸かしたお饅頭は、お土産話に花が咲きそうです。

3つで100円というお値段も、嬉しいので(一色3つ単位で販売)

ついつい、みんなにたくさん買い込んでしまう人、多いんだって。

私もいつも、3色全部、買い込んで、皆で食べちゃいます。

箱やビニールには入れず、紙でこんな風に包んでほいっと渡してくれます。包み紙も懐かしい感じなので、ノスタルジーさをそのままお土産にして持ち帰れます。


保存料が入っていない、日持ちのしない和菓子なので、

旅から帰ったらすぐに会える人限定で、お土産にしてほしいお菓子です。

 
【住所】 静岡県島田市金谷新町2079

【ホームページ】なし(食べログをご参照ください)

③ 昇陽堂の「わさび大福」

緑茶は苦手な方にもおすすめなのが、この大福。

生クリームとわさび入り餡をまるっと大福で包んだお菓子なので

コーヒーや紅茶とも相性抜群です。

わさびがお菓子になるのかな?と、かなり心配だと思いますが

食べてみたら、不思議と合うんです! これはビックリ。

ツーンとしないけど、ワサビの香りを豊かに感じる和菓子です。

わさびは生クリームに入っているのかも・・・? どちらにせよ、この見た目でわさびの味がすると思えない。開発者の情熱に圧倒されますw

要冷蔵なお菓子なので、保冷剤をしっかり入れて、お土産にしてくださいね。

また、生クリームが新鮮なうちに食べて頂きたいので、こちらも、

旅から帰ったらすぐに渡せる人限定のお土産。

びっくりしながら、喜んでいただけること間違いなしです!

 
【住所】 静岡県榛原郡川根本町地名260ー11

【ホームページ】 http://www.shokokai.or.jp/22/224271S0044/

④三浦製菓の「柚子羊羹」

島田では有名な和菓子屋さん、三浦製菓さんは

いろいろなお土産用のお菓子を取り扱っています。

一番有名なのが茶羊羹ですが、緑茶と一緒に楽しむなら、柚子羊羹がおススメ!

川根産の柚子を使って、爽やかな羊羹は、緑茶にぴったりです。

なにより、このパッケージが、お土産としてインパクト大。

指で下から押し上げると、にゅーっと羊羹が飛び出してくるんです。

にゅーーっっと出てくるたのしさ。羊羹切ったり、手が汚れたりしないのも、ありがたい!


開ける楽しみがあるお土産、良いですよね! 

こちらは日持ちがします。お土産としては重宝しますね!


【住所】 静岡県島田市川根町家山717-5

【ホームページ】 http://chayoukan.com/

以上、おススメの緑茶にあうお土産4選でした!

あ、緑茶を買うのをお忘れなくね♡

コスプレしても、いいですか?

時々、こんなお問合せもらいます。


 宿でコスプレしてもいいですか? 
 写真撮って投稿しても、問題ないですか?

え??

コスプレに許可なんて必要なんですか?と

逆に聞き返したくなるのですが、

  \
 もちろんイーに決まってるじゃないですか♡ 

こういうイメージであってます? こういう撮影会だと思い込んでますが、ちがいます??(笑)

 
そう、ウェルカムに決まってます。

今時、写真撮ってタグ付けされて困る宿なんて、あるんでしょうかね。

むしろ嬉しいぐらいです。

アダルティな感じだと、確かに、わたし、困るかもしれませんがww

アニメ系な感じとか、歴史オタクな感じとか、受け付けてます。

 
コスプレって、他人の目が気になる方も多いのかな?

貸切の宿なら、趣味をめいっぱい楽しんでもらえる自信があります(笑)

こんな所にニーズがあったのか!と、嬉しくなるわたし。
 

でも、、古民家でコスプレって、、イメージわかないぞ。大丈夫ですかね・・?

 
誰にもコスプレ姿を見られたくないあなたの為に、説明しよう。

チェックインの時は、私が立ち会いますので、ノーマルな格好でお越しください。

手続きが終わりましたら、私は立ち去ります。

そこからは、自由です。誰も来ません。

チェックアウトの10時まで、基本的に現れません(呼ばれれば行きますが)

どんな写真が出来上がったのか、気になりますが。

 
というわけで、コスプレの許可は、必要ありませんよ^^

撮影会、ぜひ、楽しんでくださいね。

※ちなみに、時間貸しは受け付けておりませんので、ご了承ください。

定員は15名様までです。申し遅れてゴメン。

大事なことを、伝え忘れていました。

お宿の定員!!! (基本事項よね・・)

15名様までです。

すみません、書き忘れたために、

定員オーバーでご予約にチャレンジされる方が多数・・。

私のせいだ、申し訳ない。取り急ぎ、土下座。
 

正確に言うと、お布団は15組迄ご用意できまして

法律上許される定員は16名迄です。

冬のお布団は、こんな感じです。寒いので、宿ではあまり提供されない毛布も、ご用意しています。

 
 
寝室として使えるお部屋は、和室4部屋ですが、

ソファーやコタツなどの家具があるので、

少し移動していただきつつ、、

正直、15名も泊まると、『THE 合宿!!』のような景色になるかと・・。

本気で「合宿」にいらっしゃる方もいますし

友達集まりすぎて、合宿状態のグループ旅行をされてる方もいます。

ちなみに、間取りはこんな感じです。

和室は合計で34畳です。広縁もあるので、子どもが走り回るのにちょうどよい運動場ですかね・・。



ぎりぎり、男女別の部屋を設定することはできますが、

隣の部屋を通らないとトイレに行けない部屋もあり(笑)

あんまりプライバシーは保てませんww 

それも含め、ワイワイ楽しんじゃえ!っていうお客さまのみ、ウェルカムです。
 

コタツ&ミカン。日本人には大して魅力的じゃないかもしれないけど、お客様がチェックインされると、まずは絶対にコタツに入る率100%なのを、私は知っているww


冬の間は寒いので、大人数での宿泊がおススメです(他人の体温で暖をとるのだ)

8人座ればイッパイになるコタツに、ギュウギュウ入って

ボードゲームなんかを楽しんでいただければ、サイコーです。

土鍋&カセットコンロも3組あるので、キムチ鍋、水炊き、闇鍋など

三種を楽しめる鍋パーティーも、企画できるのであります!
 
 
幹事さん、企画次第で旅は楽しくなるのよ! ・・がんば!!

冬シーズンは、ミカン狩りもできるよ!

 
初めて大井川に立ち寄ったのが、思い返せば3年前。

売りに出されていた古民家(今の熊のや)を見学するため

大井川沿いをドライブしていました。

冬だったので、花など咲いていない、寂しい景色が広がるかと思いきや

オレンジ色の花を咲かせた木が、あちらこちらに・・。

よく見ると、花ではなく、実でした。

そう、ミカンの木だったんですね。

 
静岡はお茶だけでなくミカンの産地でもあります。

ちょっと田舎に足を運べば、農家の一角にミカンの木が植えてあるのは一般的。

オレンジ色の花が咲くように、ミカンがたわわに実っている景色は、

なかなか良いものです。


お宿の川向かいの「神座」という地域は、島田市の中でも特にミカンの産地として有名。

県道沿いに、無人販売のミカンがポツポツとならんでいます。

私もよく、お客様の差し入れとして、神座のミカンを買いに走っていました。

スーパーなどで流通しているミカンは、収穫してから選別・箱詰め・出荷等で

時間が経過してしまっているせいか、味がぼやけている気がします。

一方、無人販売のミカンは、基本的に採れたてで新鮮。

小ぶりなミカンが多いですが、味がギュッとしまっていて美味しいです。

2月ごろの無人販売は、温州みかんは旬が終わり(味が抜けてくる)、ネーブルやデコポンが並びます。これもウレシイ!

 
そんなこんなで、毎度毎度、お宿の差し入れとして

買い付けに通っていた神座ミカンですが、さすがに疲れる私・・。

そんな中、宿の近所の農家さんから「ミカン始めたよ!」って案内してくれたのが

宿から車で15分ほどの所にあるこのミカン畑!!

春から秋にかけてはお茶栽培を、冬の時期はミカン栽培、という農家さんも多いので、茶畑&ミカン畑は、めずらしくないんだよ。

大井川が見下ろせるお茶畑の真ん中にある、ミカン畑は、最高でした!

こちらも、味がギューッとしまっていて、酸味も甘みもある、美味しいミカン。

今年は試験的に、「ミカン狩り体験」をさせてもらえるようになりました。

宿に宿泊される方でしたら、12月いっぱいとなりますが、ご案内できますよ。
(私の予定が合うときに限りますが、、ご相談くださいね)

もちろん、お宿のウェルカムフルーツとしても、ご用意していますよ!
 

傷あり、サイズもバラバラですが、ご購入希望でしたら、一袋200円ぐらい。

コタツに入って、ぼそぼそ喋りながらミカンの白いところを取り(笑)

ひとつ、ふたつ、と食べていくのは、日本人ならではの冬の過ごし方かと。

あと、お出かけの時に、気軽にバッグにINできるフルーツとしても優秀だよね!

小ぶりなミカンは、フルーツの中でも気軽さナンバー1に楽しめる。


来年は、みかんのオーナー制度なんかもやりたいねー、っていう話になってます。

一度は味見に、そしてミカン狩り体験に、ぜひ、島田市に遊びに来てね!

ここに来たら、ぜひ! 必須観光スポットTOP3(2)

 
さて、観光スポットおススメ3か所の、続きです!

大井川鐡道の多くは、無人駅です。

最初は、どこで切符を買ったらイイのか、戸惑った方も多いはず。

基本的には、乗車するときに整理券を取って

降りるときに車掌さんに支払う感じです。バスと一緒ね!

(ちなみに、メジャーな駅「金谷駅・新金谷駅・家山駅・千頭駅」あたりは
 有人駅ですので、乗車券を事前にお買い求めいただけます)

こちらは、宿の最寄り駅である福用駅。ほとんど列車が来ないし、ほとんど利用客も来ないので、ホームでひたすらのんびーーーーーりできることをお約束します。

そんな「ひとがいない」はずの駅に、人が・・・いるんです。
 

③無人駅 ・・だけど、人がいる

無人駅だと思い込んで、駅舎に入ると、ドキッとすることがあります!

だって、ふつうに、駅舎内に人がいます!!!!

今現在、人がいる無人駅(ややこしい・・)は、私の知る限り2駅。

①川根温泉笹間渡駅 ③抜里駅です。

無人駅の、不思議な空間。

ふらりと途中下車の旅を楽しみたい方に、おススメです。

では、2駅、サクッとご案内しましょう!

①川根温泉笹間渡駅

古い木造駅舎です。レトロ感がすごいぞ!

駅のすぐそばに温泉があるという好立地。

無人駅にあるのは、 「カフェひぐらし」

旅人にもウレシイ、ランチも出来るほっこりカフェです!

宿直室を借りて営業しているそうなので、まさに、エキナカ!

お茶していると、目の前を列車が走るので、鉄分大好きな方にもお勧め。

とはいえ、正直、私はまだお店に入ったことがない(涙)

車で出かける私は、ついつい、温泉に入ってしまい、

風呂上がりのズボラ服ゆえに、施設内の食堂ですませてしまうのであります。

(そう、かわいいお店なので、ズボラでは行きたくない(笑))

温泉じゃない日に、家族でケーキ食べに行きたい!と思ってます。

詳しくは、こちら、地域に密着してレポートしてくださっている

りょたろぐさんの記事が文句ナシに、超おススメです!(他力本願ですみません)


②抜里駅

抜里駅には、TVや新聞などのメディアに多く取り上げられた

「サヨばあちゃんの休憩所」があります。

黄色い旗が目印です。茶畑が広がる景色に、のんびりしてしまう。



こちらも、エキナカで、営業していて

お天気が良い日は、駅舎と線路の間にある庭で青空ランチが楽しめます。

サヨばあちゃんが作る食事は、体に優しい、田舎料理ばかり。

手料理が恋しい方や、お子様連れのファミリーにおススメです。

敷地内の畑でとれた野菜を使って、全て手作りのお惣菜がずらりと並びます。この日はチャーハンでした!お蕎麦の日もあるし、お稲荷さんの日もある。



12時半頃に通過するSLに黄色い旗を振った後で、ランチが始まります。

料理は、常連さんも、はじめましての方も一緒に、みんなで机を囲んでいただきます。

1回500円(メニューはサヨさんにお任せ というスタイルです)

お料理は、基本的にはサヨさんが一人で作っていますし

土日のみの営業ですが不定期な場合もあるので、事前予約が必須です~。

私がお邪魔した日は、ちょうどテレビの取材がきていました。サヨさんと雪乃アナのツーショット!
2019年1月29日(金)テレビ朝日  羽鳥慎一モーニングショー8時から9時55分まで
山本雪乃アナのコーナー「助っ人にゆき~の」に出演です。


行ってみたいよー!って方は

こちらのFacebookページから、お問合せ&ご予約下さいね!

Facebook使えない~って方は、熊のや経由でご予約もできます。

お問合せ下さいね。

旅の幹事さん、旅行の計画ってほんとに大変だと思うのですが

「無人駅でランチしようよ!」って提案してみて下さい^^

もりあがります!

あ、番外編でもうひとつご紹介しちゃお。

田野口駅も、月に一度、駅舎を開放しています。(入場料不要)



直近だと、12月8日(日)みたいですよ(詳しくは、大井川鉄道にお問合せ下さいね)

こちらにお弁当を持ち込んで、ランチしてもOK!

田野口駅は、超ノスタルジックな駅なので、建物を見るだけでも楽しいです。


そんなわけで、駆け足でお勧めスポットをご紹介させてもらいました。

吊り橋、SL、無人駅。この三点を詰め込んで旅を計画してみてね。

子どもと一緒の家族旅行でも、グループ旅行でも、きっと楽しい旅が作れます!

ここに来たら、ぜひ! 必須観光スポットTOP3(1)

  
先日いただいた、リアルな苦情(笑)

「熊のやに泊まったけど、どこに出掛ければいいか、わからんかったわ!」

「もっと、観光ガイドとか、やってや!」

インバウンドのお客様の声です。

(実際は、こんなヒドイ言い方してなくて、もっと丁寧で親切で優しい表現ですが
 私だったらこんな風に言っちゃうだろうナ、と想像してみましたww)

 
大変申し訳ない、の一言(遠い目)。

旅人の気持ちがよくわかっていない、家主。

これからも、マイペースにやっていこうと思う一方で(なんでやねん)

やっぱり、こうやって声を上げてくださることには、感謝しかないわけで

たぶん、みなさん、同じことで戸惑うんでしょう。

そんなわけで・・
 

必須観光スポット3点、ご紹介するよ!

お宿の一角に、ようやく観光情報コーナーができましたよ! インバウンド向けの英語版パンフも集めていきますー! 


①落ちそうな吊り橋 
②毎日走ってるSL(時々トーマス) 
③無人駅 ・・だけど、人がいる

はい、この三つは、ぜひぜひ、チェックしていただきたい。

いずれも、ムダに意味深なタイトルをつけてみました。

すぐに変化球を投げたがる。

 
 
まずですね、この3スポットを解説する前に、大事なポイントがありまして

全ては「大井川」が作っている、という事です。

島田市を代表する川「大井川」は、とってもヤンチャな川でして

右に左に大きく蛇行して流れます。 間違っても真っすぐは流れない!

それが、リアス式海岸(笑)のような、複雑な地形を生み出し

水害に悩まされながらも、豊かな自然の恵みを絶え間なく届けてくれる川に

感謝しながら、寄り添いながら、暮らしてきた歴史があります。

大きくうねる大井川。山肌を削るように流れます。
お天気が良い日が続くと、川の水はもっと青緑色になります。

 
 
さぁて、そんなヤンチャ川を愛してやまない私が紹介する観光スポットは

あんまり派手じゃないですが、地味にジワジワ来る感じの良さがありますよ。
 
 

①落ちそうな吊り橋

ヤンチャ川に、普通に橋を架けるのは大変だったんでしょう(すぐに流されちゃう)

だから、大井川にはたくさんの吊り橋がかかっています。

そう、あの、ユラユラ揺れるし、足元がスースーする、吊り橋です。

ドキドキして、好きでもない人にときめいちゃうという、危険なアレです(わかる?)

渡ろうとすると、人数制限がある場合が多くて、10人以上はダメ、と書いてあります。

そ、それは、大人数で渡ると、落ちちゃうかもしれない、ってこと?

そんなスリルとサスペンスが楽しめる橋の代表と言えば・・

寸又峡の「夢の吊り橋」 と 塩郷の「恋金橋」です!

 
「夢の吊り橋」

冬の寒い時期に行きましたので、寒そう!な写真ですが、エメラルドグリーンの水が美しい場所です。

  宿から車で50分ぐらい。かなり山奥。でも温泉もあります。

  けっこうな山奥にある上に、駐車場からもシッカリ歩かないとダメなので

  ハイヒールで行っちゃダメです。

  そして、青緑色の川が美しくって、とにかく映える人気スポット、間違いなしです。

足元はこんなにスースー! 普通に揺れます! スマホを落とす人もいるので、要注意だよ!



「恋金橋」


  宿から20分ぐらい。 電車でも簡単に行けるお手軽さがイイ!

  なんと橋の下に、民家があるんですねー、
  屋根の上に観光客が落としたハンカチが・・。

  さらに、運よくSLが通過するときに吊り橋にいると、、

  上から見るSLをたのしめるだけでなく、煙にいぶされます。

  橋を渡ると「久野脇」というのどかな集落が。週末は大根そばが楽しめちゃう!

久野脇には、緑茶を楽しめる小さなベランダ喫茶「縁カフェ」も、楽しいです。
一面に広がる茶畑を見ながら、温度によって味わいが変わる緑茶ワークショップをどうぞ。

 
 
この2か所は、だれでも絶対楽しめる場所なので、チェックして損はないです!

ちなみに、どちらも島田市じゃなくて川根本町というお隣町にあります。
(ま、そんなことは旅人にとってはどうでもいいことであろう!)

私が大好きなダムカード・・ならぬ、吊り橋カードも登場したようで、

なんやかんや言いながら楽しめそうです。

詳しくは、こちらのページを、熟読してね!(結局、他力本願なのである)
https://oi-river.com/blog/3697

②毎日走ってるSL(時々トーマス)

大井川に寄り添うように走っているのが、大井川鐡道。

大井川上流部の電源開発と森林資源の輸送を目的として作られたこの鉄道。

大正から昭和のはじめ頃に、作られた線路なのだそうです。

徒歩や馬、イカダなどを使ってしか、アクセスできなかった当時としては

そりゃーもー、皆がどれだけ待ち望んで、喜んだ事でしょうか(じーん)

宿の最寄り駅である、福用駅。大井川鉄道の駅のほとんどは無人駅。レトロな駅舎と、人の少ないホームでのんびりできますねぇ。



そんな大井川鐡道ですが、時代とともに、利用客が減り、

存続の危機が度々 訪れるのでした。
 

鉄道沿いに暮らす住民にとっては、なくてはならない鉄道です。

どうにかしなければ、と、必死に戦ってくれたのでしょう

昭和51年に、全国でいち早く蒸気機関車を復活させ、話題に。

そしてさらに、平成26年に、アジアで初めての「きかんしゃトーマス号」を

運行させて、鉄道好きの大人から子供まで、注目してもらえる鉄道となりました。

はい、これが噂のトーマス号。現地で走ってくる姿を生で見ると、最初はギョッとします(笑)
リアルですからね、とーっても。


いやー、「プロジェクトX」ですかね? 

SLの維持も運行も、とても手間がかかるそうです。 

修復だけでも、すごいなぁ、と思うのに、それを毎日休むことなく走らせています。

そして、春~秋にかけて、トーマス、ジェームス、バーディー(これはバス)が走る。

その情熱、どこから沸いてくるんだろ? と思うぐらい、素敵な鉄道会社です。

地域の人はみんな、この鉄道を大切に思っていて、

SLが走るのを見かけると、作業をやめて、手を振ります。

今日も、鉄道がにぎやかに走っている、それが嬉しいのです。

ぜひぜひ、鉄道に乗ってみて下さい。

レトロな車内、青緑色の大井川、そして人々の暮らしの顔、が楽しめます。

もっともっと、詳しく知りたい方は、大井川鐡道HPへ!
 

③無人駅 ・・だけど、人がいる

ここからホラーな話題です。

でも待って! 

私、調子にのって書いてたら、タイムオーバーだわ!(現実!)

この続きは、また次回に持ち越します。

あぁ、ごめんなさい。また読みに来てねー!

布団にバタンキューできる「お宿で忘年会」は、いかが?

 
 
あと2か月で、今年も終わり。

ひゃー、あっという間でしたね!

熊のやも、ぼちぼち、カーテンを洗ったり、手の届かない場所のホコリを掃ったり

年末に向けて大掃除の予定を考えています。

年末は本当に、慌ただしい。

こんな慌ただしくしなくても、年は越せるのに、

慌ただしく働かないと罰が当たる気がするのですから、困ったものです。

至る所でススキがフワフワしていて、心が和みます。忙しいけど !(笑)

 
 
そんな、忙しい12月は、忙しいのに忘年会の予定も、ねじ込まれます(笑)

「忙しいのに、やだわぁ!」と思いつつ、

鼻歌まじりに会場に向かうのは、私だけじゃないでしょう。

今年一年、みんなで、お疲れ様! 

なんだかんだあったけど、酔っぱらっちゃえば、なんだかハッピーで

来年もこの仲間と頑張るかー、と思えちゃうから、不思議です。

 
 
ハッピーな忘年会を任されちゃった幹事さん、今年最後の大仕事ですね。

か、幹事さん、・・・熊のや、空いてますよ(笑)!

宿なんですけれどね、忘年会会場としても、楽しめるんですよ。

酔っぱらって、そのままお布団にバタンキューできるのが魅力です。

子連れで忘年会は無理かしら?と思っている方にも、おススメです。
(夜遅くなっても、子供はその場で寝かせちゃえばイイのだ!)

車で会場に来て、翌朝、車で帰れるので、ある意味、ラクチンです。

人数が多いと、合宿??みたいになりますけれど、

一応、15名まで、お布団のご用意ができます。
(お布団の持ち込み、定員以上の宿泊はご遠慮ください)

宿泊付きの忘年会なんて、高くて無理~!と思うかもしれませんが

そこは「自炊」の宿ならでは。・・予算内で収まります!

自炊なら・・唐揚げ食べ放題も、もはや夢じゃないのよ・・。

 
 
例えば、12月の週末に12名で一泊の忘年会を想定すると・・

宿泊費 3600円/一人(一棟貸しの為、人数によって価格の変動有)
食費  2000円/一人  
合計  5600円

食費はアルコールやおつまみも含めて、このくらいで抑えられれば

2次会&タクシー代を考えても、悪くない値段かなぁ?と思います。

 
 
自炊は、面倒だけど、チームプレーが楽しめるんです。

共同作業って、普段会話が続かない同士でも、違和感なく一緒に居られますしね

試してみる価値、アリだと思う。
 
 
とはいえ、忙しいから、買出しとか自炊は無理ー!って方には

オードブルやお刺身の盛り合わせ、鍋食材セット、の宅配もありますよ。
(今のところ、裏メニューなので、お問合せ下さい!)

困りごとは私が知恵を絞りますから、遠慮なく、相談してね!

鍋を囲んでカンパーイ!なら、自炊も楽にこなせます。
土鍋&カセットコンロは3組、用意できますので、3種類の鍋を作っても楽しい。

 
 
忘年会の翌日は、のんびり解散~でも良いですし

せっかくだから、ちょっと観光!・・っていうのも、おススメです。

大井川流域は、派手な観光地ではないですが、ジワジワ楽しめます(笑)

蒸気機関車、吊り橋、そして無人駅でランチ。

この一年の、心のお洗濯ができますよ。

そんなジワジワ楽しめる観光スポットは・・次回、ご紹介しましょ~。

寒い冬、こたつで吞みたい気分でしょ?

ジワジワと、秋が深まってきましたね。

熊のやも、ゆっくりと、冬支度を始めました。

そう、冬と言えば、こたつにミカン。冬の王道ですね。

大きいこたつがデーン。そして、地元でとれたミカンがドーン。ミカンは小ぶりでぎゅっと味がしまったものを選んでます。美味しいのだ!

 
先日、宿泊してくださった小さな女の子が

「わたし、こたつに入るの初めてぇぇ!」って言って、喜んでくれたんです。

「えぇ? そうなの?」と、びっくりしたんですが

こたつって、一度入ると出てこれなくなるので

置かない家って結構多いんですよね(我が家もです(笑)!)

 
熊のやの冬は、寒いです。

もちろん、エアコン、電気ヒーター、ホットカーペット等などで

暖をとってはいますが、やはり、古民家なので、ね。

みんなで「あー、寒いねぇ!」って言いながら、こたつにもぐる。

頭だけ出して、寝っ転がってミカンをむいて、だらだら食べる。

どうでもいいことかもしれないけど、そういう、ひと昔前の日常を楽しめます。

出始めの秋頃は、青いミカン。朝食に頂きました。爽やかで、美味。食卓にミカンがあると、ほっとします。

  
夏だったら、BBQして、花火して、皆でワイワイ楽しむイメージがわきますが

冬の熊のやの楽しみ方は?と聞かれたら

こたつで鍋、ミカン、そして、ボードゲームでしょう!

そして、退屈しちゃう子供たちは、布団の山で遊びます。

宿主としては、ちょっとおススメするのをためらいますが(笑)、まくら投げとか、ね。

最高に楽しいのです。

こんな感じで、まくら投げに興じても、怒らないでやって!(宿主としては、ドッキドキですが(笑))大人も子供も(私も)、大盛り上がりなんです。

 
 
そんな感じで、自由に、ゆるっと、楽しんでください。

調理や買い出しが面倒だよ!という方には、

お食事の宅配や、食材セットの配達もございます。
(まだHPに掲載出来ていないのですが、、準備できてます! お問合せ下さいね)

カセットコンロ&土鍋も3セットありますので、気楽に鍋パーティーもどうぞ。

 
 
最近は、ファミリーのご利用が増えています。

私も、5歳男子の母でして、宿が空いている時は

お友達ファミリーと一緒に自分たちで泊まったりしていますが

子どもが気兼ねなく走り回れるし、食事メニューも子どもにあわせて準備できるのは

けっこう、いいなぁ、と自画自賛しております(笑)

なんと言っても、、子どもを寝かしつけた後は、大人だけで呑めますもん。

育児真っ最中で、飲み会行けないお母さん多いと思うけど、

これなら、子供の時間も、大人の時間も、大事にできますww イェイ!

宿の近くには、こんな綺麗な川も流れています。青白く美しい川、その名も、白光川です。のんびりなお散歩も、ぜひ、楽しんでね。

 
冬の熊のやへ、ぜひ、遊びに来てくださいね。

お待ちしてます!
 
 
あ、その際は、ぜひこちらのクーポンブックをご購入下さい!(当宿で販売してます)

https://mori-no-sumica.com/2019/08/22/kawane-pass/

お出かけがお得になるだけじゃなく、熊のやからもケーキセット券をプレゼントします。

11月の週末、空きが出来ました!

11月8日(金)・11月9日(土)キャンセルの為、空きが出来ました。

旅行にピッタリのこの季節、紅葉も楽しめそうです。

じりじりと準備中ですが、オードブルやお寿司など、お食事の宅配も可能ですので

気軽にプラッと宿泊できるようにもなりました(自炊しなくてもダイジョウブww)

というわけで、「おっ!」と思われた方は、お早めにご予約どうぞ!