今後の営業について

こんにちは。熊のや家主の小栗です^^

4月7日から始まった「緊急事態宣言」による外出自粛

皆で踏ん張った甲斐あって、少しだけ、明るい光が見えてきましたね。

私も少しほっとしているところです。

今後の営業、いろいろ検討して、6月から再スタートすることにしましたので

今日はちょっと、そんなお話を。。

宿の営業は4月中旬からGW明けまで完全にSTOPしていました。

今は、島田市内のお客様だけを受け入れている状態で

実は、、通常営業はしていません・・(;^_^A

・・というのも、4月9日から保育園が休園になり

育児しながら仕事を続けてきましたが、なかなか上手く仕事が出来ず・・

ストレスをためながら子供と向き合うのは、良くないな、と思って

ばっさり、お宿業から離れて過ごしていました。
(宿のメンテナンスは続けていますが)

そのため、ご連絡がスムーズでない事態が何度かあり、

ご迷惑をおかけしております・・。

そんなこんなをしているうちに、ユキノシタが咲いちゃう、時の流れの速さ・・^^

5月は、緊急事態宣言の延長の発表があり

予約がバタバターっとキャンセルになり

そうかと思うと、宣言の解除予告?で問い合わせが増え

どうしたもんだか・・という現実ですww

 
売上を考えれば、もちろん、早期に通常営業に戻したい私ですが

ウィルス感染の第2波に備えて、宿の除菌対策や、受け入れ人数の変更など

色々と営業方法を検討する必要があること。

それから、田舎に来てほしくない!という声が聞こえてくる中で

営業する怖さ・・とも、向き合わなければならない、ということ。

急いで営業するのは、私にとってあまり良いことではない、と判断し

営業は6月から再スタートすることにしました。

青緑色の大井川と桜の花のコラボ、見てほしかったなー! と残念に思う春でした。。

外出自粛期間中、私は何をしていたかというと

ひたすら、チビを連れて、三密避けて、外出。。ですw 

走り回りたい六歳児を、家の中に押し込めていくわけにはいかず

自宅の周辺の里山へ出かけたり、宿の周りを走り回ったり。。

ストレスを出来るだけ溜めないように暮らす事、が 母として出来る唯一のことでした。

宿近くの川へ、釣りにも行きました・・。 誰かに怒られるかな?と半分ドキドキしながら。

都会で暮らしている子供たちは、公園に行く事さえ困難だと聞きます。

海へ行ったり、登山に行く事さえも、非難されるご時世・・。

どうやって、この大変な毎日を過ごしているのかな、と心配になります。

きっと、あともう少しの辛抱。ゴールはもうすぐです。

自粛が終わるの、うれしー!(でも三密は気を付けよう!)

仕事が無くなった私は、花の種を気が狂ったように買いあさり(笑)

沢山の花の苗を、宿の庭に植えています。

上手に育てば、沢山のお花でお迎え出来るようになると思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA