コロナウィルス対策を行っています。

 
連日のコロナウィルスのニュース、気が滅入りますね。

いろんな情報が飛び交うので、何を信じたらよいのかもわからず・・。

ご家族にご高齢の方がいらっしゃる方にとっては特に、気が休まらない事と思います。

 
でも、ピリピリしたり、不安になってばかりいても仕方ありません。

今私たちが置かれている状況で、出来る限りの対策を打ち

出来る限り、不幸の連鎖が起きないように暮らすことが、大事。

 
そんな状況の中にいて、私は、、

旅(宿泊)という娯楽業を続けるべきか? と、、正直、悩みました。

宿屋なんかしてる場合じゃないでしょ!・・と心の声が聞こえる事も。

でも、こういう状況だからこそ、息抜きも必要。

安全に楽しめる娯楽ならば、むしろ必要なんじゃないか・・??

そんなふうにも思いました。

田舎にある、一棟貸切宿だからこそ、出来る事があるかもしれないなぁ、・・と。

私なりにきちんとこの状況に向き合って、営業したい。

宿内で、不幸の連鎖が起きないように、細心の注意を払う工夫をしよう・・!

 
マスクをしたり、アルコール消毒をしたりするのは当然ですが・・

さらに私なりに考えた対策が、2つ。

①定員を減らす

②チェックアウト日の受け入れ中止

既にご予約を頂いたお客様に関しては、①②に当てはまらないケースもありますが

今後ご予約いただくお客様は、この2点で対策を取り、

目に見えない敵と戦うことにしました^^


①定員を減らす

これまで、最大15名の宿泊を受け入れてきましたが、

できるだけ、広い空間で就寝していただけるように

また、集団感染の場所とならないように

しばらくの間、定員を9名とさせていただくことにしました。
 
 

②チェックアウト日の受け入れ中止

予約が続いていると、午前中にお客様がチェックアウトされた後

午後には他のお客様がチェックインされます。

しかし今後は、チェックアウト当日に、次のお客様を受け入れない方針です。

布や壁に付着したウィルスは、数時間以上、生きていると言われています。

ですから、チェックアウト後は、一日かけて全部の部屋を新しい空気にさらし

寝具の手入れを念入りに行い、必要箇所にアルコール消毒を行います。

しっかり安全になった状態で、次のお客様に入室していただく。

少々、やりすぎな対策かもしれませんが、、 

せっかくの旅行ですから、不安を感じなくて済むように。

悲しい思い出が残らないように。

できるかぎりの事をしながら、小さく営業を続けていく事を、決めました。

誰とご利用いただくかは、お客様の判断にゆだねますが

どうぞ、安心して旅を楽しめる方と、ご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA