子連れ旅にこのガイドブックは必携! 「大井川で逢いましょう」

さぁて! 八月もあっという間に終わっちゃいましたが

皆さん、夏休みは満喫出来ましたかー?

私は、仕事三昧でした。 子供に恨まれているような、いないような。

そんな、夏休みをエンジョイできたかどうか不安な お父さん&お母さんに朗報!

まだまだ遊び倒せる大井川が待ってます。

「えー、でもー、仕事も忙しいし、色々調べて計画するのメンドクサイ・・」

はい、はい。 その気持ち、よーくわかりますよ!(だってこれ、私の心の声)

それじゃー、このガイドブックを、手に取ってみて!

トーマスが表紙の、可愛いガイドブックです。泣く子も黙る(笑)!!

 
子育てに奮闘中のお父さん&お母さんの強ーい味方「大井川で逢いましょう」だ!

子連れで大井川流域を遊び倒すなら、必携です(キッパリ)

なぜなら、ランチ、遊び、冒険、おやつ、お泊り、そして・・

「機関車トーマス」についての情報が、これでもか!!!というぐらい豊富。



私も島田に移住したばかりの2年半前、この本を図書館で発見し、大興奮した。

なんでトーマス?とお思いの方に、説明すると・・

ここ、島田市~川根本町を走っている「大井川鐡道」は、毎日SLが走る鉄道。

中でも、6月~12月は、「機関車トーマス」の超リアルなSLが走るというレアな町。

このトーマス号、いつ、どこに行けば見れるのか

子供を1日退屈せずに遊ばせるスポットはどのくらいあるのか

車で行って、駐車場はあるのか? 授乳室はどこ?・・・・などなど

痒い所に全部手が届くように作られているのです(母は感動した!)

親切すぎる詳細情報が満載です。大井川にお出かけするぞ!と心に決めたら、ぜひ一冊、持っておいて欲しい。(持っていないと苦労するぞ)



当時、我が子は3歳。

トーマスと乗り物全般(←雑)が死ぬほど好きなお年頃。

トーマスに出て来るキャラクターは、暗記必須だった母(全部同じに見える悪夢)

息子のはしゃぐ姿が見たくて、何度も大井川鐡道に遊びに行ったよ。

移住した先に、トーマスどころか、SLが走っているなんて1ミリも知らなかった親子。まさかの展開に幸せしかなかった2年前の母である。そしてこれはゴードン。デゴイチなのだ。

 
そんな母の強い味方「大井川で逢いましょう」本は、いったいどこで手に入る?

主な所では、大井川鐡道新金谷駅や、富士山国際空港に置いてあります。

東京都営地下鉄の各駅にもあるとか(無くなり次第終了ですので、お早めにー!)

それは無理、、という方には、熊のやにお問合せ下さい。お送りしますよ!

画面右下に出ているこのマークをクリックしてね!

こちらのチャット画面からお問合せ下さいね。

「オフラインです」になっている場合は

チャットではなく、後ほどご返信させていただきます。

宿泊をご予約される方には、無料でお送りしますよ!

ちなみに・・宿にも数冊、置いてます。宿泊時に持って帰ってOKだよ!

 
 
そして、直前に週末の予定を立てちゃうアナタにも、朗報。

トーマス号の乗車チケットって、人気なのでなかなか手に入らないのですが

実は、キャンセルで空いている事も多々あるそうなんです!

大井川鐡道のこちらのページから、チェックしてみて!

http://oigawa-railway.co.jp/archives/event/onemorechance

昨年までは、トーマス号が走るのは10月までだったんですが

今年から12月まで延長。

子供が小さいうちに、乗せてあげたい!と思っている方、

諦めずに、ぜひぜひ、チャレンジしてみてね! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です